消費者金融一覧

融資先の審査基準に合致すれば確実に審査に通ります

基本的に、貸金業者は消費者にお金を貸してその金利を得て利益を上げています。したがってお金を貸さないことには営業利益が一円もあがりませんから、貸金業者はお金を貸したいのが本音なのです。

しかし、貸したお金が焦げ付いたりすれば、それこそ営業利益が吹っ飛ぶくらいの大損をこうむってしまいます。だからこそ、融資をするにあたっては厳重な審査を実施するのです。

貸付審査については、各消費者金融によって基準が異なりますが、基本的に「現在の借金」「過去の金融業者との取引内容」「現在の収入状況」の三点を考慮した上で審査を実施します。

条件別融資先

審査に通らない理由

キャッシングの申し込みをしたものの、却下された日には、これほど情けなく感じることはありません。審査に落とされる大きな理由は以下の通りです。

  • 現在の借金総額が大きすぎる。→総量規制
  • 現在の借入件数が多すぎる→多重債務
  • 信用情報機関の事故情報に登録されている→ブラックリスト
  • 収入がなく支払い能力に問題→無職

審査条件別融資先一覧

現在、借金がゼロで定収のある人ならば、問題なく大手銀行系消費者金融のカードローンが利用できるはずです。そういった人は中小やそれ以下の零細業者などを一切排除して、大手金融業者で申し込みましょう。

大手業者はテレビのCMで馴染みが深いことから知名度も抜群で信頼性も高く、更には低金利で全国のコンビニエンスストアや銀行のATMで出し入れが可能といった利便性の高さが魅力です。

大手消費者金融

大手銀行系資本の消費者金融

知名度抜群の大手消費者金融の最大のメリットは低金利でのキャッシング

 融資対象者  現在の借入総額が年収の三分の一以内のサラリーマン
 審査基準  借入件数が三件以内の健全者なら柔軟審査
 貸付金利  約3.0%〜12.0%
区切り線

残念ながら大手銀行系カードローンの審査に通らなかった人は、高望みを捨ててランクを落とし、中小消費者金融カードローンをお薦めします。中小の業者は大手ほど審査基準が厳しくないことから、審査に通る可能性は高くなるはずです。

更には、中小業者の中にも低金利での融資や無利息期間を設けている業者も存在しますので、確実に借りるためにも中小消費者金融を利用することが間違いないでしょう。

中小消費者金融

柔軟審査の中小消費者金融

知名度抜群の大手消費者金融の最大のメリットは低金利でのキャッシング

 融資対象者  借入件数4件前後、大手の審査に通らなかったか人
 審査基準  柔軟、甘い
 貸付金利  約12.0〜18.0%
区切り線

キャッシングをするにあたっては誰しも低金利で借りたいと考えるのは人間のサガです。しかし、借入が増えてくると貸金業者も貸し倒れを懸念することから、審査を厳しくしてきます。

中小消費者金融の審査に通らなかった人は、かなりの問題が存在することは容易に想像できます。それ以上の借入は厳しいと言わざるを得ませんが、もしも新規借入によって現在の苦境を脱することができるのなら、一番審査基準の緩い金融業者を利用されることをお薦めします。

零細消費者金融

一番審査基準の緩い消費者金融

違法業者以外で一番審査基準の甘い金融業者をピックアップしました

 融資対象者  多重債務者、中小業者の審査に落ちた方
 審査基準  緩い、甘い
 貸付金利  18.0%〜
区切り線

大手や中小の金融会社は基本的に男女同様に取り扱っていますが、一部の業者は女性の顧客をより獲得したいがために、女性向けのレディースローンを設置しています。

通常のローンとレディースローンの違いは、審査基準がより柔軟対応になっているのと、女性スタッフが対応していることにあります。収入のない専業主婦でも必要な書類を提出すれば、審査に通りますので、諦めずに申し込んでみてください。

女性消費者金融

女性専門のレディースキャッシングローン

女性向けキャッシングなので、女性でも安心して申し込みが可能です

 融資対象者  女性、主婦
 審査基準  柔軟、アルバイトやパート、主婦でも可
 貸付金利  約6.0%〜18.0%
区切り線