審査に通らない訳

絶対審査に通らない人たち

以下の項目に属する人は、どんな理由があろうとも、絶対貸金業者の貸付審査に通ることはあり得ません。

  • 無職(失業中も含む)
  • 過去五年以内に債務整理(自己破産等)をしている
  • 他社への支払いの遅延を繰り返して何度も支払いの督促を受けている
  • 借入総額が年収の三分の一を超えている

特に収入の無い無職状態の人は、新規の借入は絶望的です。

無職でもキャッシング可能といった広告も見られますが、それは保有するクレジットカードで商品を購入させてそれを買い取る「クレジットカード現金化」といった違法行為のことで、キャッシングでもなんでもないことを肝に免じたおいたほうがいいでしょう。

どうしてもお金を借りたいと思うなら、派遣業者へ登録をして在籍確認がとれるようにしておけば、審査に通る可能性は高くなります。

信用情報機関

国内にある貸金業者からキャッシングをする際、貸金業者は必ず信用情報機関へアクセスし、個人情報のデータを取り寄せて調査をすることが義務つけられています。

個人データには現在の借入状況(総額、件数)や過去の取引データなどが蓄積されていますので、今現在の借入状況が超過気味であったり、過去の取引で事故情報(債務整理、遅延行為)として登録されているような方は、この時点で審査で落とされることとなります。

また、信用情報機関の個人データは長年の蓄積により、以前より格段に信頼性がアップしていると言われています。一部では審査の際にこれまで行っていた自宅への所在確認や勤務先への在籍確認を省略し、この信用情報機関のデータのみで貸付審査を実施しているところもあるようです。

申し込み手順

webからの申し込みが簡単

キャッシングの申し込みは以下の方法があります。

  • webサイトからの申し込み
  • 店舗を出向いての窓口申込
  • 電話をして申込書を取り寄せての書類申し込み

小規模のマチキンなどは未だに店舗での窓口申込が主流ですが、大手や中堅クラスの金融業者はwebサイトからの申し込みが可能です。

手間を考えればwebからの申し込みのほうが格段に便利ですし、たとえ審査に通らなかったとしても、webサイトからの申し込みであれば店舗申し込みよりダメージは少ないでしょう。web申し込みは自宅のパソコンからも出来ますし、スマホからも可能です。