確実に借りれる金融会社

借入審査に通るためには

早急にお金が必要になった際に困らないためには、予め確実にお金が借りれる金融会社を確保しておくことが重要です。

借入審査に落ちないためには

借入審査に落とされるからには必ず何らかの理由が存在します。金融業者は審査で落とした理由を教えてはくれませんので、自分で理由を考える必要があります。審査で落とされる理由として一番多いのは、支払い能力不足です。

貸金業者にとって一番怖いのは貸したお金が戻ってこないことですので、返済が期待できないような顧客には貸そうとしません。支払い能力不足とは、収入の問題であったり現在の借入が多くて毎月の返済が多い人などが対象となります。

特に現在の借入が多い複数借入者への融資は一番警戒されますので、審査に落とされる可能性が高くなります。

借入件数で判断

信用情報機関の個人データが重要

金融業者は顧客にお金を融資する際、必ず信用情報機関の個人データに照会します。個人データには現在の金融業者との取引履歴や過去の取引履歴なども保存されていることから、過去に支払いの遅延を繰り返していた人や、現在の借入が多いような人は個人データによって判断されてしまいます。

現在の審査に大きく影響を及ぼしているのが信用情報機関の個人データということです。貸金業登録をしている正規の金融業者は、顧客との取引があると、この信用情報機関に報告する義務がありますので、データは逐次更新されています。

もしも個人データに以下のような登録がなされていれば、審査に影響を及ぼします。

  • 0事故情報に登録されている・・・ブラック情報とも呼称しますが、自己破産や滞納によって登録されます
  • 0借入総額が年収の三分の一以上・貸金業法の総量規制に接触しますので、これ以上の融資は不可能となります
  • 0過去に自己破産をしている・・・審査には問題ありませんが、警戒されてしまいます

審査項目をチェック

貸金業者が融資をする際の審査においては、各審査項目を細かくチェックして融資の可否を判断しています。つまり、その審査項目に対して及第点を取っていれば確実に審査には通るわけです。大手銀行カードローンに至っては各審査項目にポイントを加算し、AI技術と融合した上で自動的に審査の合否を算出しています。

今現在消費者金融から借り入れをしている件数少ないほど審査には有利。三件を超えると大手カードローンは難しくなります。
今現在消費者金融から借り入れをしている総額少ないほど審査には有利。総額が年間所得の三分の一を超過すると新規融資は出来ません。
ブラックリスト事故情報(ブラック)に登録されていると、100%審査には通りません。
今現在稼いでいる年間収入多いほど良いというものではなく、収入に占める支払い額の割合が対象とされます。
現在の職業リストラなどのリスクの少ない公務員や大企業の社員が有利となります。
現在勤務している会社の勤続年数長いほど有利となります。勤続年数一年未満の場合は信用も低くみられてしまいます。

 

誇大広告とタイトル騙しには注意!

ネット上には無数の誇大広告やタイトルを騙したサイトが溢れています。どこからも借りるあてがなく、金策に奔走している人などはこういった嘘の広告に飛びついてしまうわけですが、殆どは失望であり、中には損失で被った人も少ないありません。いとも簡単に借りれるかの表現は、貸金業法に反する違法行為に該当するということを忘れてはなりません。

無審査でキャッシング可能!・・・審査無しで貸してくれる貸金業者などあるわけありません。実際はクレジットカードで商品を購入させ、それを買い取る買取屋で、通称「クレジットカード現金化」といいます。

クレジットカード現金化


新規借入をお考えの方

新規借り入れをする際には、できるだけ審査に通るため今一度ご自分の借入状況を再確認してみましょう。ご自分の債務状況と貸金業者の審査基準を照らし合わせてみれば、審査に通りやすい融資先がどこか判断できるはずです。もしも審査に不安がある方は、中小規模の消費者金融にある匿名での事前審査がありますので、試してみるとよいかもしれません。

0必ず借りれる消費者金融があります
金融会社一覧

上記の表にあるように、現在の他社借入件数が三件以内の方(借入総額が年収の三分の一)は大手カードローンが利用できる可能性が高いでしょう。それ以上の借入件数がある方は、大手を回避して中小以下の消費者金融を選ぶことが得策です。

低金利で借りれる大手カードローンは魅力ですが、あくまでも大手は優良顧客を相手にしていますので、借入の多い人は敬遠されてしまいます。

違法業者

最も審査基準が柔軟な貸金業者は規模の小さな個人経営のマチキンになりますが、借り入れ件数の多い多重債務者は、この種のマチキンでしか利用できないのが実情です。マチキンもそのあたりを心得ていて、多重債務者への融資を専門にしているところもあることから、審査に通る可能性は高いでしょう。

ただ、中には貸金業登録をしていない非合法な金融業者(闇金)も含まれていると聞きますので、借り入れの際は十分な注意が必要です。

大手や中小のキャッシング会社の審査で落とされてしまった場合、狼狽えてしまって回りが見えなくなってしまい、藁をも掴む思いで違法業者に当たってしまうケースも少なくありません。こういった違法業者は、どこからも借りれなくなった多重債務者を相手に商売をしているのです。

甘い餌をちらつかせてお金を貸そうとしてきます。通常、正規の金融会社は法定金利を厳守していますが、違法業者にこういったルールは通用しません。法定金利をはるかに上回る金利をとろうとしてきます。どんなにお金に困っても、違法業者にだけは手を出すべきではありません。